未分類

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~3話 ネタバレ

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~3話  楽しかったところ

もう堕ちてしまった体がどんどんと落ちていく光景は面白いものでした.

可愛さからでてくるエロさはもう何とも言えない感じが出てくるのでした.

効果だけでは状況を理解できるような言葉使いや描写が素晴らしくこの続きがあると聞くとすぐにでも読んでみたくなるような思いでした.

次回はこの正体が分かっていくと思うのでとても楽しみです.

無料立ち読みはこちらから

▼ ▼ ▼

画像をタッチ♪

101030460_BookLiveコミック【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~3話 ネタバレ

この家がなぜ事故物件と呼ばれていたのかがわかってきた時はすでにもう遅いのでした.

淫夢が数日にわたって続き,身体の火照りが収まらないまま生活をすることになるのでした.

学校やアルバイト先の先輩に心配をかけることもしばしばあったりからだにもえいきょうしてきたり大変な毎日が続きました.

ここままでは自分の生活が前とは全く変わってしまって元には戻れなくなってしまうと思っていた頃,ある出来事が始まったのです. 

それはなんとこの家に住む幽霊が行動を起こしてきたのでした.

その日は今までに感じたことのないくらいの悪寒で目を覚ました.

肌に当たる空気はこの世のものとは思えないほど冷たい物でした.

嗅覚が異様に研ぎすまされ,激しく心臓が鼓動するのでした.布団の中の足首にあたる「ヒヤリ」とした感触・・・

この時にサーニャは今起きている現状を理解したのでした.

「あ〜,今まで私はこの家で起きていた異常な現象はこれが原因だったのだ・・・」と

そう思った瞬間に扉の間から何かよくわかない力が働き,なかに引き込まれるのでした.

「やだ,やだ・・・」と抵抗はするものの
これは知っている感覚でした.

何度も何度も夢にでてきたものでした.甘美で抗いがたい快感でした.

これは夢の続きなんだと疑いました

101030460_BookLiveコミック【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

しかし,夢の続きなわけもなく

夢のようにせめれる中,抵抗しないと思いながらもできるはずもなく頭ではそう思っていても体が動きませんでした.

これまでの淫夢によって自分の体はとっくにこのものの虜になっていることに気が付いたのです.

止まることのない攻めに虜になった体は直接体に打ち込まれるものがかろうじて残っていた理性を簡単に打ち壊されてました.

いまだけ,理性を飛ばしこのものの好きにしてもらえれば散々焦られた熱を開放できるではないのかと思うのでした.

そんなことを考えている間もなく,限界は超えてしまうのでした.

もう,相手の思うがままになってしまうのでした.

真っ暗な視界と快感でぼやけた頭では自分が一体「何」に犯されているのかが分かりません.

ただ淫夢で焦らされたものをいやすために快感を受け止めるのでした.

その夜真っ暗で何も見えない中何度も最奥でつかれてイカサレタ体は疲れて切っていていつのまにか気を失っていたのでした.

翌朝目を覚ますと明らかに自分のものではないものが自分の中から出てきたのでした.この時に昨日の出来事が夢ではないことが分かりました.

この時に訳ありの意味を身をもって知ったのでした.しかし,体はもうこのなにかわからないものの虜になっているためにすぐにここから出ていこうという気にはならないのでした.

もう堕ちてしまったのです.

 

無料立ち読みはこちらから

▼ ▼ ▼

画像をタッチ♪

101030460_BookLiveコミック【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~ 今後の展開の予想

さて今後はこの自分の体を遊ばせるものにこれからどうなっていくのかがとても楽しみです.

しかし,まずはこのよくわからないものの正体を突き止めることから始めること始まるのかと思っています.

無料立ち読みはこちらから

▼ ▼ ▼

画像をタッチ♪

101030460_BookLiveコミック【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用